TCL Androidはエントリー向けが中心、子供向け時計型端末も

6インチ版の「PIXI 4」。ポップな背面カバーも特徴となります。Androidについては、エントリーモデルの「PIXI 4」シリーズを発表しています。3.5インチ、4インチ、6インチ、7インチの4モデルで、同一シリーズ名でコンパクト端末からタブレットまでを取り揃えているのです。なお、TCLは3.5インチと4インチがスマートフォン、6インチがファブレット、7インチがタブレットと位置づけています。4インチ以上の機種には、「Android 6.0 marshmallow」を搭載しています。共通の特徴としてデザイン、カメラ、オーディオ、電池寿命にこだわりがあるという一方で、チップセットを初めとするスペックや機能はモデルごとに異なっています。たとえば、3.5インチモデルはチップセットがメディアテック製のデュアルコアCPU「MT6572M」で、カメラも2メガピクセルとローエンドなのに対して、4インチ版はCPUがクアッドコア「MT6580M」でカメラは2メガピクセルもしくは5メガピクセルと、ややスペックが上がっているのです。また、4インチディスプレイ以上のものは、OSに最新の「Android 6.0 marshmallow」を採用しているのも特徴といえます。6インチ版はさらにスペックがあがって、チップセットはSnpadragon 210。カメラは5メガピクセルで、LTEにも対応しているのです。7インチ版は3Gタブレットながら、通話も利用可能となっています。
TCL Androidはエントリー向けが中心、子供向け時計型端末もhttp://www.samsung.com/jp/contents/guide/android-backup.html

Leave a Reply