Archive for 11月, 2015

人気のスマートフォンのディスプレイ

近年になってスマホは大型化してきています。かつては携帯電話は薄ければ薄いほど、軽ければ軽いほど良いと思われてきましたが、今ではそうでもないようです。スマートフォンのディスプレイは大きくなってきており、それに伴って画質も向上してきました。しかし世界的には、あまりにも大きいスマホも敬遠されがちであることが分かってきました。とある調査では、スマートフォンに関する統計データが作成され、各地域で好まれるスマートフォンのディスプレイのサイズも発表されました。その結果世界のすべての地域で、4.7インチのディスプレイがトップ、もしくは第二位であることが分かったのです。特に日本に限ってみれば、4.7インチディスプレイのシェアは50.6%となっており、実に半数以上の人がこのサイズのスマートフォンを利用しているということになるのです。続いて人気なのは5.0インチディスプレイで、それよりもさらに大きい5.5インチ以上のディスプレイは敬遠されがちであるということもわかっています。こうした傾向を見ると、これからも4.7インチのディスプレイが人気を維持し、それ以上の大きさはタブレットで代用するという形が続いていくのかもしれません。

auスマホ URBANO V02

おすすめはau スマホURBANO V02です。URBANO V02は耐久性抜群で、落としても壊れにくいと大変評判です。微振動にも強く、スポーツしている人たちにとってもよきアイテムです。
温度耐久性にも優れて、暑さ、寒さにもしっかり耐えてくれることが出来ます。スマートフォンって、意外と季節に弱いというのをご存じでしょうか。暑さにはそれほどでないにしても、寒さには弱く、スマートフォンの動きが鈍るということもあります。このようなスマートフォンなら極寒でもほぼ問題ないといえます。
更に雑音の多い場所でも音を遮断して、しっかりと相手の話しを聞くことが出来る機能も持っています。スマホで大事な用件を聞き逃したという問題をこの
スマートフォンなら解消することが出来ます。そして早口の相手でもゆっくり話しているように聞こえるモードなどもここには搭載されています。会話している時に起こる問題は全部これで解決出来ます。

auスマホ URBANO V02

おすすめはau スマホURBANO V02です。URBANO V02は耐久性抜群で、落としても壊れにくいと大変評判です。微振動にも強く、スポーツしている人たちにとってもよきアイテムです。
温度耐久性にも優れて、暑さ、寒さにもしっかり耐えてくれることが出来ます。スマートフォンって、意外と季節に弱いというのをご存じでしょうか。暑さにはそれほどでないにしても、寒さには弱く、スマートフォンの動きが鈍るということもあります。このようなスマートフォンなら極寒でもほぼ問題ないといえます。
更に雑音の多い場所でも音を遮断して、しっかりと相手の話しを聞くことが出来る機能も持っています。スマホで大事な用件を聞き逃したという問題をこの
スマートフォンなら解消することが出来ます。そして早口の相手でもゆっくり話しているように聞こえるモードなどもここには搭載されています。会話している時に起こる問題は全部これで解決出来ます。

auスマホ URBANO V02

おすすめはau スマホURBANO V02です。URBANO V02は耐久性抜群で、落としても壊れにくいと大変評判です。微振動にも強く、スポーツしている人たちにとってもよきアイテムです。
温度耐久性にも優れて、暑さ、寒さにもしっかり耐えてくれることが出来ます。スマートフォンって、意外と季節に弱いというのをご存じでしょうか。暑さにはそれほどでないにしても、寒さには弱く、スマートフォンの動きが鈍るということもあります。このようなスマートフォンなら極寒でもほぼ問題ないといえます。
更に雑音の多い場所でも音を遮断して、しっかりと相手の話しを聞くことが出来る機能も持っています。スマホで大事な用件を聞き逃したという問題をこの
スマートフォンなら解消することが出来ます。そして早口の相手でもゆっくり話しているように聞こえるモードなどもここには搭載されています。会話している時に起こる問題は全部これで解決出来ます。

スマホゲー課金「日本1位」理由は?

アメリカの調査会社EEDARが発表したスマートフォン向けゲームに関する統計データというものがあって、ユーザー1人あたりの国別平均課金額で日本が1位となっていて、ネット上で話題となっているのです。世界的に見てスマホゲームへの課金額が多い日本のユーザーということが改めて浮き彫りになりました。調査結果によると2015年のスマホゲーム市場規模は、アメリカとカナダを合わせた北米が54.1億ドルとなっていて、日本が51.6億ドル、中国が50.1億ドル、韓国が13.7億ドルとなっているのです。一方で、プレイヤー人口では、北米は1億3650万人、日本が4580万人、中国が3億1480万人、韓国が1930万人。これを見ると日本のスマホゲームの市場規模が、プレイヤー人口のわりに大きいことがわかるというものでしょう。さらに、スマホゲームに対する1カ月での平均課金額となると、日本が24.06ドル、北米が6.61ドル、中国が2.88ドル、韓国が12.83ドルという結果となりました。これを見ると日本のスマホユーザーはゲーム課金に対してかなり積極的だということがいえるのです。日本のユーザーの、スマホゲームに対する財布の紐のゆるさが明らかになったことについて、ツイッターなどでも、課金しなくては遊べないゲームが多すぎるという不満が噴出しているのです。

やっぱりデザイン重視派が多いのかも

スマホのおすすめでバッテリーの持ちをあげる人は多いと思います。「バッテリーの持ち」を重視している割合は、年代間でそれほど大きな差は見られませんでしたが、20代~30代はインターネットの閲覧、50代~60代は通話など、年代間でスマホの用途が異なる傾向が見られるのです。そしてその機種を選んだ不満の理由として「バッテリーが長時間持たない」という意見が共通していたのです。また、最近のスマホ端末のスペックは、どれも高性能になってきていることから、利用者が重視しているポイントとして「バッテリーの持ち」を選んだ人が多いと考えられます。そして次に来たのが「デザイン・色」についてですね、これは30代が目立っていました。「シンプルで見ていて飽きのこないものがいい」「他にない個性のあるものがいい」と人によって選び方は異なりますが、自分の好みに合ったものを持ちたいという傾向が強く表れていますね。スマホ端末は、ケータイに比べ端末代が高いので購入については慎重に選びたいもの。大きな買い物の一つとなっているスマホだからこそ、本当に気に入ったものを使いたいという気持ちが、おすすめとなるのが「デザイン・色」の重視につながっているようです。
スマホはデザイン!購入の決め手は機能や使い勝手だけじゃない

歩きスマホ事故多発

あなたは、「歩きスマホ」という言葉を聞いたことがありますか?または知っていますか?
その名の通り、歩きながら携帯電話やスマートフォンを使用することなのですが、この「歩きスマホ」による事故がここ数年で多発しているというのです。
そこで、JR東日本と携帯電話各社が、歩きスマホをやめようというキャンペーンを今回初めて実施し、たいへんな注目を集めたそうです。
歩きスマホで危険を感じた、または感じるというJR東日本利用者からの苦情件数は、2012年度は数件だったのに対し、2014年度には100件以上にも急増したと言います。
その中でも4分の1が、実際に歩きスマホの人と衝突し、危険な目に遭ったというから、放ってはおけない数ですよね?
2015年の数が気になるところですが・・・
特に、これがホーム上であったり、電車が入って来た時であったりしたらと考えると、とても恐ろしいことなのではないかと思います。
歩きスマホをしている人は、悪気はなく、普段の感じでついついやってしまうといった感じなのでしょうが、何かあってからでは遅過ぎますよね?
ホームからの転落など、大きな事故に繋がる前に、皆で注意していきたいものですね。

らくらくスマホに変身

せっかくスマートフォンデビューを果たしたのに、文字が小さ過ぎて読み難い、機能が多過ぎて、子供には使いこなせない、なんてことありますよね?
かと言って、買い換えるには端末代が高過ぎる・・・という人に朗報です!
どんなスマートフォンでもらくらくスマホに変身させることができるアプリがあるんです。
その名は「ラクホンFree」。
お試し期間が2週間あり、その後、利用したい場合は「永久利用権」の480円を支払えばOK。
ボタンがシンプルで大きくなり、よく使う機能を配置してくれ、3件のワンタッチダイヤルの設定や、アプリも6つまで登録が可能となっています。
他にも、お年寄りには嬉しい、110番や119番などの緊急連絡先への「SOS」発信や、登録した相手にメールを自動送信できる「緊急メール」などの機能も充実しています。
また、お子様向けには「ラクホンキッズ」がおすすめです。
こちらもお試し期間が2週間で、永久利用権は480円となっています。
暫くの間はこの「ラクホンFree」でスマートフォンに慣れ、もっと色々な機能を使いこなしてみたくなったら、元に戻すなんていう使い方もいいかもしれませんね。

バッテリー消費の早い理由

そもそもどうしてスマホはバッテリーが早くなくなるのかというところですよ。それにはいくつかの要因が考えられます。「画面が大きいので消費電力が大きい」今出ているスマホの画面サイズはかなり大きいものが多いです。それも大きいだけでなく高精細の高性能画面です。表示される部分が大きく高画質なだけにその分バッテリーも早くなくなるということですね。「自動通信をしているため」スマホは自動通信を行なっています。例えば、現在地の天気情報とか現在地情報みたいなものをつねに通信しているのです。なので、気付かないうちにスマホはインターネット通信を行なっているということですよ。そこでかなりのバッテリーが消費がされているということです。他には、ソフトウェアのバグが大きいことも・・古い話ですが、iPhoneの場合iOS5が出たときに騒がれました。記憶に新しい人もいるのでは?ソフトウェアにバッテリーのもちが悪くなっているバグがあったのです。これによって、バッテリーが早く消費されてしまっていたのです。こういったバグはアプリではよくあることで、頻繁にアップデートしているのもそのためですね。ざっと上げるだけで以上の問題から起きることがあるみたいです。それと関係なく、普通に使いすぎということもありますから、一概にはいえないのですけど。

すでに多くの人にとってオーバースペックなスマホの機能

年末に向けて多くの人が一番お金を持っている時期でもあるボーナス時期ですが、このときとばかりに、新機種購入の検討を始める人も多いことでしょう。次々に最新機種が発表されるということは、手持ちの機種が「時代遅れ」になるスピードも早いということです。スマホの買い替えサイクルは平均で2年とされていますが、決して「安くない買い物だけに、本当はもう少し使いたい」「どんどん進化されても、ついていくのが大変」という人も多いことだと思います。スマホとの付き合い方に関する本音を、20~30代の社会人200人(男女各100人)に調査してみた結果があります。
「シーズンごとに最新機種がでるスマホをどう思いますか?」
「(できることなら)常に最新機種に買い替えたい」派 34.5%。「(できることなら)なるべく長く1つの機種を使い続けたい派」 65.5%という結果になりました。およそ3人に2人が「手持ちの機種をなるべく長く使い続けたい」と回答しているのです。頻繁に買い替えるとお金がもったいないのはもちろんですが、新しい機種に替えることで、慣れるまでに時間がかかります。すでにスマホは多くの家電と同様、大半の人にとって「オーバースペック」気味ですから。次々と新たな機能を搭載されても、「そんなの要らないから安くして」と言いたい人も多いのです。