Archive for the ‘未分類’ Category

スマートフォンは、ソニーとアップルが牽引

2017年2月27日、スペインのバルセロナを会場とした「Mobile World Congress 2017」にて、ソニーモバイルコミュニケーションズはXperia Xシリーズを4機種発表しました。そのうちのフラッグシップモデルXperia XZ Premiumが注目を集めています。初めて4KHDによる動画撮影ができるようになったのは、Xperia Z2でした。このカメラが進化し、新しく開発されたメモリ積層型CMOSイメージセンサーによって、Xperia XZ Premiumは秒間最大960fpsのフレームレートによるスーパースローモーション撮影を可能にします。スマートフォンの世界では初めての機能になります。特筆すべきはディスプレイです。Xperia XZ Premiumの液晶は5.5型で、解像度は3840 x 2160ドット。4K HDR(ハイダイナミックレンジ)を搭載し、肉眼で見ているような奥行きのある表現力豊かな映像を再生します。4Kテレビで注目のテクノロジをスマートフォンに搭載しました。こちらも世界初の驚きのスペックです。iPhone 6s以降、iPhoneで4K動画を撮影可能になりました。60fpsの4K動画撮影は搭載されませんでしたが、iPhone 7 Plusも30fpsの4K動画が撮影可能できます。さらに、f/1.8とf/2.8のデュアルレンズによってズーム機能が充実しました。4K動画の撮影は、1分間におよそ375MBのデータ容量を必要とします。電池の消耗も激しくなります。そこで「iPhoneがあれば4Kビデオカメラは要らない」と簡単に言うことはできませんが、風景の動画や記録的な映像などでは美しい映像を楽しめます。

収穫は?

みなさんはポケモンGOのアドベンチャーウィーク、楽しまれましたか?土日以外はこれといって休日が無かったので、没頭できた!という人は少ないでしょうね^^

いわタイプのポケモンの出現がたしかに多くなっていて、今までにアメを集めきれていなかったポケモンを進化させることはできました。でも・・、ネットで言われているプテラとかヨーギラスというレアなポケモンには一切出会うことはできませんでしたね。。って言うか、見たことも無いですよそんなポケモン。

私にとって、「あ!これは良い」と思えたのは相棒のアメを4倍の速さで見つけてくれるというもの。これは、いきなりイベント初日にポケモンGOを開いた途端、アメを見つけてくれましたからね^^結構な数を集めることができました。

インディージョーンズのような帽子も結構気に入っているので^^しばらくはかぶったままでいようと思っています。でもね~。もっと派手な変更とかもそろそろやって欲しいな、とも希望しているんですよね。ちょっとマンネリ化してるので^^

みなさんはポケモンGOのアドベンチャーウィーク、楽しまれましたか?土日以外はこれといって休日が無かったので、没頭できた!という人は少ないでしょうね^^

いわタイプのポケモンの出現がたしかに多くなっていて、今までにアメを集めきれていなかったポケモンを進化させることはできました。でも・・、ネットで言われているプテラとかヨーギラスというレアなポケモンには一切出会うことはできませんでしたね。。って言うか、見たことも無いですよそんなポケモン。

私にとって、「あ!これは良い」と思えたのは相棒のアメを4倍の速さで見つけてくれるというもの。これは、いきなりイベント初日にポケモンGOを開いた途端、アメを見つけてくれましたからね^^結構な数を集めることができました。

インディージョーンズのような帽子も結構気に入っているので^^しばらくはかぶったままでいようと思っています。でもね~。もっと派手な変更とかもそろそろやって欲しいな、とも希望しているんですよね。ちょっとマンネリ化してるので^^

http://www.galaxymobile.jp/galaxy-s7-edge/gaming/

TEAM|チーム 安さと美しさで人気の台湾メーカー

台湾に本社を置くTEAM(チーム)は1997年設立の新しい企業です。2008年に日本支社が設立されています。2012年にはUSBフラッシュメモリ市場で世界第5位となっている企業なのです。メモリカード市場では世界第6位に上りつめています(iSuppli調べ、2012年第1四半期)。価格.comのプロダクトアワード2010で金賞に輝いたこともあるメーカーです。大容量「128GB」モデルも、TEAMの製品なら約1万円で購入できるのです。アマゾンランキングでも上位に食い込んでいて、人気の製品といえます。マイクロSDカードの全商品の中でも、きわめて美しいデザインが特徴的な、TEAMの「COLOR CARD」シリーズ。おすすめの理由は「カラフル」「美しいデザイン」だけではありません。ロープライス攻勢を仕掛けるトランセンドやサムスンと張り合うほどの「低価格」となっているのです。極めつけは、トランセンドの人気商品「Transcend Premium 400x」を上回る、「転送スピードの速さ」です。128GB、64GB、32GBの全商品をベンチマークテスト(転送速度の実測)しましたが、いずれも読み出し速度90MB/秒前後、書き込み速度30MB/秒前後の好記録をマークしました。「安さ」が特徴のマイクロSDカード商品群のなかでは、TEAM「COLOR CARD」シリーズの転送速度が際立ってハイスピードとなっているのです。

スマホの機能を使っていると依存してしまう

スマホ機能が良くなっている中でスマホ依存という人がかなり増えてきています。
スマホがないと落ち着かない生活ができないなんて人は結構多いのではないでしょうか。
スマホ依存になってしまえば、やっぱりそれだけ精神的にもスマホに支配されてしまう所があります。
なので、日頃からスマホの使用も控える事も大切だったりします。
ちょっとスマホのない日を作ってしまうのもいいかもしれません。
スマホを家に置いてちょっとした外出をしてみるのもいいみたいですよ。
常にスマホを持ち歩いている事でやっぱり依存してしまう傾向があります。
なのでスマホがない生活ができりような状況を作ってあげるのもいい機会だと思います。
今は、そんなスマホ依存を解消するために通話のみができる小型携帯電話が登場しているようですよ。
「The Light Phone」という携帯なのですが、自分が依存をしているかもと考えている方には丁度いいかもしれませんね。
スマホも使用していると依存が入ってくるのは仕方がない部分がありますよね。
なのでこのようにちょっとした対策をしてあげるというのも手なのかなと思いました。
スマホがない時間を作ってみましょう。

スマホ音楽に必要はイヤフォンに

スマホの音楽を聴くためにやっぱりイヤフォンは欠かせないものとなりますよね。
外出先で音楽を楽しむためには必要なものになっています。
今は、スマホで使用できるいいイヤフォンがたくさんありますよね。
そんなイヤフォンなのですが、耳をふさがない「ambie sound earcuffs」が少し前に発売されて完売になりました。
生産分が完売していたため、それで終了となっていたのです。
しかし、そんな「ambie sound earcuffs」が再度発売をするというのです。
「ambie sound earcuffs」は耳をふさがずに耳に挟んで使用をするものとなっています。
こんな商品は今までなかったので衝撃的な方もいたでしょう。
そのため人気ですべて完売になっていたようです。
しかし、そんな「ambie sound earcuffs」が再度発売されるという事もあり欲しいとなって思っている方も多いでしょう。
また別でリモコンとマイクが付いているため、スマホで通話などが可能にもなっています。
耳をふさぐのがあまり好きではないような方にとってはいい商品になりますね。
色々な店舗で発売されるようなので見ることも出てきそうです。スマホで良い音楽を聞くためには?

バーチャルリアリティを「アンジェリツコ」のVRゴーグルで体験する

バーチャルリアリティを体験すると何回も繰り返し体験したくなる人が多くいます。
これは日常生活では体験できない世界を体験することによって、またバーチャルリアリティを体験してみたくなるからです。
それくらいバーチャルリアリティには魅力がありますが、体験するにはVRゴーグルが必要となります。
そこでおすすめしたいのが「アンジェリツコ」のVRゴーグルです。
このVRゴーグルは、持っているスマートフォンに専用VRアプリをインストールし、それを本体内部にセットするだけで臨場感溢れるバーチャルリアリティを体験することができます。
また、上下左右360度の全方位が見れますので、驚くほどの臨場感を味わいながら楽しむこともできます。
それと、誰でも快適に使用できるように焦点距離や瞳孔距離を調節できるようになっていますし、メガネを付けたままでも使用できるようになっています。
それに、頭部を固定するベルトの長さも調節することができますので、安定感あるバーチャルリアリティを体験することもできるでしょう。
このようなVRゴーグルには、イエロー、ピンク、ブルー、ホワイト、グリーンの5色が用意されていますので、自分好みのカラーを見つけやすいと思います。

ドコモスマホがお得に使えるように

新学期がスタートする事で今ではスマホを持つ方も増えていると思います。
今では中学生にもなればスマホを持つ方が増えています。
スマホもこれから持つとなればお得に持ちたいものです。
そんなお得にスマホを使いたい方にははじめてスマホ割を利用するのをおすすめします。
家族でドコモスマホを利用していれば家族でお得にスマホが利用できるようになります。
家族と一緒に利用をすれば月額1650円からスマホが持てるというのです。
これはちょっとびっくりな価格ですよね。
最近では中学生から自分のスマホを持つような方が増えてきています。
そんな場合、やっぱりスマホをお得に使用をするかを考えてみたいものです。
このように家族でセットで使用をするのがいいかもしれませんね。
スマホも使用している携帯会社によってサービスは違いがありますが、ドコモスマホはかなりの割引が利用できそうです。
ドコモスマホを利用して、これからお得にスマホを使ってみてくださいね。
お子さんもどんどん大きくなるごとにスマホが必要となってきます。
みんなでお得にスマホが楽しく利用できるようになれば理想だなと思いますね。
気になる場合プランなんかも見てみるといいですね。

パソコンでは楽しめず・・

マンチカンのイケメン店長さんがいるリラクゼーションサロンが昨年オープンしたんだそうです。なぜ店長参加と言うと、マッサージを受けている最中になんと肉球マッサージを受けることができるとか^^勿論、全ての人がお金を出しても受けられるというのではなくて、猫ちゃんなのでその辺は気分次第なんですね~^^

しかもですよ、「運が良ければ「せんむ」が出勤していることも!」あるそうなんです。そんなリラクゼーションサロン、絶対行きたいですよね。なんて思っていたら、VR動画があるんだそうです。

You Tubeで開いてみると・・、パソコンからではうまくVRとして楽しめないんですよね。。残念。スマホだと画面を傾けたりすると360度観れて自分がマッサージされているような動画になるそうなんですが。

でも、美猫好きの私としては、VR動画でなくても手足の長い、美しいお顔の店長さんの様子を観るだけでも目がトロ~~ンとなってしまいました♪

“IGZO液晶に指紋認証、「AQUOS EVER SH-02J」 “

「AQUOS EVER SH-02J」(シャープ製)は、2016年11月上旬に発売されたAndroidスマートフォンです。2015年夏モデルに登場した先代の「AQUOS EVER SH-04G」に続き、ミドルクラスの機種に位置付けられます。本体の実質価格は2万円前半のビジネス向けモデルというところです。前モデルのSH-04Gは三辺狭額縁のEDGESTで、やや角張ったデザインを採用していましたが、SH-02Jは前面に2.5Dガラスを採用し、側面・背面も全体的に丸みを帯びたデザインとなっています。背面はマット仕上げの樹脂製で、背面・側面が一体となったバスタブ構造で、ガラス製の前面と樹脂製の側背面の2パーツで構成されるシンプルなデザインとなっています。ボタン類は右側面に集中していて、音量キーと電源キー、指紋認証センサーがあります。指紋認証センサーは前モデルにはなかった新機能のひとつで、スリープ状態からでも指を置くだけでスリープを解除し、認証してロックを解除できます。側面の指紋認証センサーは、画面に対して垂直からやや背面側に傾いて配置されて、左右どちらの手でも、本体を握ったとき、指が自然にセンサーに触れやすいようになっています。ディスプレイは約5インチ/HD(1280×720)解像度と、サイズ・解像度は前モデルと同等ですが、新たにIGZO液晶を採用することで省エネ性能が向上しています。

“進化したライカカメラを搭載、5.9型の「HUAWEI Mate 9」 “

Huaweiのフラグシップスマホ「HUAWEI Mate 9」は、5.9型ディスプレイに最新のプロセッサ「Kirin960」や4000mAhバッテリーを搭載し、ライカと共同開発したカメラはさらに進化しています。HUAWEI Mate 9は、パフォーマンスやカメラ機能を強化したHuaweiのフラグシップモデルで、5.9型のフルHD(1080×1920ピクセル)ディスプレイを搭載しながら、狭額縁設計によって幅を約78.9mmに抑えています。「HUAWEI P9」から引き続き、ライカと共同開発したデュアルカメラを搭載し、色彩情報はRGBセンサーで、ディテール/陰影情報はモノクロセンサーで取り込むことで、鮮明かつ深みのある描写を可能としました。撮影中と撮影後に絞り値を変更してボケ味のある写真を撮れる「ワイド・アパーチャ」や、モノクロセンサーのみを使ったモノクロ写真の撮影機能も継承しています。さらに、静止画と動画どちらも光学式手ブレ補正に対応し、暗い場所でもより手ブレを抑えて撮影でき、動画は4Kサイズの撮影も可能になりました。AF(オートフォーカス)は、赤外線を照射して被写体との距離を測る「レーザーAF」、2つのカメラの視差から被写体との距離を測る「デプスフォーカス」、明暗差が大きいところにピントを合わせる「コントラストフォーカス」に加え、画素をピント合わせに使う「像面位相差フォーカス」を新たに採用し、これら4つのAF技術により、素早く、かつ正確にピントを合わせられることに注力しています。
http://www.samsung.com/jp