“進化したライカカメラを搭載、5.9型の「HUAWEI Mate 9」 “

Huaweiのフラグシップスマホ「HUAWEI Mate 9」は、5.9型ディスプレイに最新のプロセッサ「Kirin960」や4000mAhバッテリーを搭載し、ライカと共同開発したカメラはさらに進化しています。HUAWEI Mate 9は、パフォーマンスやカメラ機能を強化したHuaweiのフラグシップモデルで、5.9型のフルHD(1080×1920ピクセル)ディスプレイを搭載しながら、狭額縁設計によって幅を約78.9mmに抑えています。「HUAWEI P9」から引き続き、ライカと共同開発したデュアルカメラを搭載し、色彩情報はRGBセンサーで、ディテール/陰影情報はモノクロセンサーで取り込むことで、鮮明かつ深みのある描写を可能としました。撮影中と撮影後に絞り値を変更してボケ味のある写真を撮れる「ワイド・アパーチャ」や、モノクロセンサーのみを使ったモノクロ写真の撮影機能も継承しています。さらに、静止画と動画どちらも光学式手ブレ補正に対応し、暗い場所でもより手ブレを抑えて撮影でき、動画は4Kサイズの撮影も可能になりました。AF(オートフォーカス)は、赤外線を照射して被写体との距離を測る「レーザーAF」、2つのカメラの視差から被写体との距離を測る「デプスフォーカス」、明暗差が大きいところにピントを合わせる「コントラストフォーカス」に加え、画素をピント合わせに使う「像面位相差フォーカス」を新たに採用し、これら4つのAF技術により、素早く、かつ正確にピントを合わせられることに注力しています。
http://www.samsung.com/jp

Leave a Reply